may

yoyomay.exblog.jp

ランキングBOX~気になる人の気になるランキング



  • 2015.07.15
  • 【インタビュー】JUNHO(From 2PM) 体を、心をアツくさせてくれる!!夏男の“GOOD”なソングに酔いしれろ!

    d0226794_01144191.jpg


    2PMのJUNHOが3rdミニアルバム『SO GOOD』を7月15日にリリース!前2作に続いて、今作も夏に発売ということで、“よりアツイ夏”がテーマ。MUSIC VIDEO撮影を行ったハワイでのエピソード、そしてミニアルバム全曲についてを終始笑顔で楽しそうに語ってくれました。また、ツアー初日が七夕ということで、JUNHOが短冊に願いたいことも聞いちゃいましたよ!

    文/洲崎美佳子

    JUNHOにとって、ありふれた日常のデートが“ロマン”!?

    ーー3作目のミニアルバムのタイトルは『SO GOOD』。このタイトルは制作開始時から決めていたのでしょうか?
    JUNHO “SO GOOD”というテーマのもとに作り始めました。これまでの2作品も夏にリリースしてきましたが、今回はよりアツイ夏を思わせるものを、と考えてこのテーマを思いつきました。よりアツイという意味では“SO HOT”もいいかなと思ったのですが、広い意味でアツさを捉えられる、単語としてより多くのものを表現できる“SO GOOD”で着地しました。そして、アツさだけじゃなく、音楽のおもしろさも追求しました。ただいろんな楽器の音が入っているのではなくて、軽快なビートとそこに乗せるメロディの組み合わせにユニークさを取り入れて。あとは“HAVE FUN”。純粋に楽しむことを考えましたね。
    ーーすると、タイトル曲「SO GOOD」は、当初から夏をイメージしていたんですね
    JUNHO はい。サビの(歌いながら)<Baby your’re so good tonight>のメロディが最初に思い浮かんで、そこから作り始めました。
    ーーハワイで撮影したMUSIC VIDEOは、とても楽しそうで。
    JUNHO 実は撮影地をハワイかL.A.で悩んで。でも、これぞ夏!と思ってもらいたかったので、ハワイに決めたんです。完成したMVを観て、その決断は間違っていなかったと思いました。とてもいいものが出来上がったと確信しています。この頃は2PMのアリーナツアー真っ最中ですごく忙しかったんですけど、海、砂浜、パームツリーなど、普段の生活では周りにないものに触れることができてすべてが新鮮でした。ハワイという地が僕にヒーリングを与えてくれたんでしょうな。
    ーーハワイに行ったことで、気持ちがリセットできましたか?
    JUNHO ハワイから帰国した後は、すぐに慌ただしい日々へ戻りましたけど(笑)、行って良かったと思います。ある意味ハワイに滞在していた時は夢を見ているようでした。
    ーーでは、2曲目の「Fire」については。
    JUNHO このアルバムには「Fire」の他にもファルセットを用いています。それは、僕の声でいろいろな感情を表現したかったから。中でも「Fire」は、一緒に曲作りをしている先輩と頭をひねりながら完成させた楽曲です。
    ーー「Fire」もMVを作られていますが、女性ファンがドキドキしそうな表情が満載ですね。
    JUNHO もともとこの曲ではMVを撮ろうと思っていなくて、「INSANE」をと思っていましたが、大人っぽい歌詞は、目で観たらより伝わりやすくなると思って作りました。といっても歌詞に合わせた映像にすると刺激が強すぎるので(笑)、より現実的な日常のデートにしました。MVを観ているとちょっとくすぐったい気持ちになる。そんなところが気に入っています。
    ーーちなみに、今のJUNHOさんが思う理想のデートとは?
    JUNHO 今の僕にはできないことだと思いますが、「Fire」のMVが理想です。みなさんにとってのありふれた日常のデートが、僕にとっては“ロマン”なんです。
    ーー今回のインタビューでは全曲解説をお願いできればと思います。3曲目の「Pressure」からそれぞれこだわり抜いたところをあげていただけますか?
    JUNHO 今回ソロとして3枚目の作品になりますが、こうしてリリースできるのは決して容易いことではない、なので、僕は常によりいい音楽、ライヴを心がけています。そんな中で僕が受ける重圧を「Pressure」で表しています。言葉だけだと否定的に捉えられがちだけど、僕にとっては原動力。プレッシャーは自分を育てる意味があると思っています。そして、時間的に余裕がなかったことから、これまでにないプレッシャーをこの作品の制作中に感じました。「INSANE」は、恋から受けた傷から狂気を表現しました。このミニアルバムの中で一番、僕の哀しい、暗い部分を見せていると思います。完成したものを半身浴している時に聴いたのですが、出来が良すぎて危うく溺れそうになりました(笑)。

    僕のこと試さないで!?男性のかわいい嫉妬とは一体?

    ーー溺れなくて良かったです(笑)。続いてツアータイトルになっている「THE LAST NIGHT」。
    JUNHO 最後の夜という意味で、表題曲とともにアルバムのキー曲と言えます。今回の作品が、ツアーが最後であるかのように考えました。そう思うとすべて燃やし尽くしたい、最高のものを、という意識が働くので。「Don’t tease me」は軽快な曲にしたくてバンドサウンドにしました。ノリが良くて、“僕のこと試さないで”と、男性のかわいい嫉妬が出せたなと思います。「Good Life」は、「Pressure」と同様に自分の置かれている状況を表現しました。今は夢だけど、いつか成し遂げるぞ、という野望のような気持ちを込めています。
    ーーJUNHOさんの今の夢とは?
    JUNHO 具体的なものを言うのは難しいんですけど、以前はソロの作品を出すこと、ツアーをすることが僕の夢でした。今、やり遂げられていることを思うと、思い続けて努力をすれば夢で終わらないんだなって。これからも結果を出した時に、これが夢でしたとみなさんに言えるようにしたいですね。
    ーーラストはバラードの「Believe」。
    JUNHO ファンのみなさんに向けた曲でもありますが、聴いてくださるどんな方にも慰め、癒しになるよう意識しました。自分が辛い時に、誰かが祈ってくれたり応援してくれると、同じ状況でも心境は変わると思うし、大きな慰めになると思っていて。僕はファンのみなさんからそういった気持ちをもらっているので、僕からも同じ気持ちを届けたくて作りました。
    ーーミニアルバム収録曲を初披露するツアーの初日は七夕。短冊に願い事を書くとしたら、何にしますか?
    JUNHO 書いたら願いは叶いますか?(笑)。すべての人が元気で、やりたいことが上手くいきますように。そして、僕が想い描いていることが成し遂げられますように!



    にほんブログ村




    [PR]
    by may-yoyo | 2015-07-15 23:13 | 2PM